求められるのは確かな安心と安全人の目に勝るスピードと正確性を追求

求められるのは確かな安心と安全
人の目に勝るスピードと正確性を追求

画像認識開発

ライバルは『人』
ヒューマンエラーをなくすために

ライバルは『人』ヒューマンエラーをなくすために

私たちの画像認識技術は自動車のバックモニターからはじまりました。現在は工場の不良品検出システムや自動運転に欠かせない「物体検知」を中心に技術力を磨いています。求められるのは確かな安心と安全。画像認識のスピードと正確性が高まれば、人の目に勝るシステムが構築できます。ライバルは私たち『人』です。

ライバルは『人』ヒューマンエラーをなくすために

開発領域
センサーとアクチュエーターのプロフェッショナルとして

開発領域

※当社の対応領域

私たちはモノを動かすためにソフトウェアを開発しており、センサーとアクチュエーターを扱うプロフェッショナルです。カメラ(イメージセンサー)はセンサーの一部であり、私たちの得意とする技術領域です。これまでの豊富な開発経験を元に、画像認識だけでなく付随する機器の制御までお客様にご提案をすることができます。

開発領域

※当社の対応領域

開発実績

開発実績
不良品検知システム
製造ラインに組込む物体検知システムです。製品サンプルの画像データを元に、傷やカケ、汚れなどを検知し不良品を検知するシステムです。

不良品検知システム

顔認証システム
セキュリティやカメラのオートフォーカスなどで顔認識が利用されています。ドライバーから開発が可能なため、検知速度や検知数の向上などを行うことできます。

顔認証システム

自動運転(先進運転システム ADAS)
急速に進化の進む自動運転技術には画像認識技術が欠かせません。白線を読み取るLKAS(車線逸脱防止)、先行車を追尾するACC(自動車線維持支援システム)、障害物を検知する自動ブレーキ、道路標識認識など、自動運転の様々な機能で画像認識技術が使われています。

自動運転(先進運転システム ADAS)